診療内容

無痛治療

「静脈内鎮静法(無痛治療)」で、眠ってる間に治療が終わります。

野上歯科医院ではこの度、「歯の治療が怖い」「緊張する」「口の中に器械が入るとえずく」等といった患者さんの不安や反射を軽くするために、歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法をとりいれます。

静脈内鎮静法とは

歯科治療時に手に点滴をとり、その中に鎮静作用(ボーっとした状態になること)のある薬を投与し、気持ちをリラックスした状態にして歯科治療を行います。
使用する薬には、健忘作用(忘れてしまう)もありますので、歯科治療による嫌な思いを忘れる効果も期待できます。

鎮静外来は毎週土曜日に実施します。
※今後、鎮静外来の曜日を増やしていくことも検討しています。

こんな方におすすめ

  • ・歯科治療が怖い方
  • ・口の中に器械が入るとえずく方
  • ・過去の体験が原因で歯医者に行けなくなってる方

鎮静外来の流れ

ご予約

お電話にて、問診の予約をお取り下さい。

初めてのご来院

歯科麻酔専門医による、静脈内鎮静法の説明と、お口の中の状態の確認、レントゲン撮影、全身状態の問診等を行います。

静脈内鎮静法のご予約

初診時に、検査・問診・説明を行い、納得された上で静脈内鎮静法のご予約を行います。
初回は、静脈内鎮静法による治療は行いませんのでご安心下さい。

治療当日

血圧や心電図をつけ、静脈内鎮静を行いながら治療をします。
治療後、休憩をしてから帰宅してもらいます。